Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー北九州店にお任せください。

北九州店

外壁・屋根リフォームコラム
下塗材の種類について
2017年04月24日

外壁塗装リフォームを成功させるために肝心なのは下地をどう良い状態に整えるか。ということです。
見積書や提案書、契約書に書いてあるのでは?と思われがちですが、一般的に外壁塗装を依頼した会社からは、
外壁塗装で使用する上塗り塗料の情報しか記載してない場合が多いのが実状です。通常、下塗り塗料は
お住まいのダメージ状況に合わせ施工する職人が選定します。普段はあまり気にしない下塗り塗料ですが、
どういった種類があるのかを知っておく事で、賢い外壁塗装リフォームが実現できますよ!

1.下塗り材種類と役目

外壁塗装で使用する下塗り塗料は、大きく分けてシーラー系・フィーラー系、プライマー系の3種類に分類されます。
それぞれ外壁のダメージ状況により使用する下塗り塗料は使い分けが必要となりますが、基本的に下塗り材の役目は
、上塗り塗料を塗りやすい状態にすることなのです。具体的には上塗り塗料と現状の外壁との密着性向上や、
上塗り塗料がムラにならないようにダメージをカバーしキレイな下地の状態を作ることです。

2.シーラー系

シーラー系の下塗り塗料は現状の外壁と上塗り塗料との
密着力を向上させる用途で使用します。密着力が上がれば、
塗膜が剥がれにくくなりますので塗装塗膜の耐久性に繋がります。
他にも塗料が現状の外壁材に吸い込まれていく割合を均一に
することで、塗装ムラを防止する役目も担っています。
外装リフォーム前の外壁にヒビや目立った汚れが無い場合は、
一般的にはシーラー系の下塗り塗料を使用して施工します。

3.フィーラー系

フィーラー系は主に現状の外壁の面調整のために使用されます。
塗装前の外壁材にヒビや段、巣穴などがあればそれを埋め、平滑にします。
上塗り塗料での仕上げに適した状態を作るために使用しますので、
クラック等による傷みが激しい外壁材には、
補修効果もあるフィーラー系の下塗り材が活躍します。

4.プライマー系

シーラー系と大きな役割の差はありませんが、あえて言うならば
プライマー金属素材の塗装をする場合に使用します。
基本的な役割は上塗り塗料と現状の下地との密着性を高めるために使用します。
ガイソーで取り扱っている物も含め、金属に使用する下塗り塗料ですからプライマーに
さび止め効果が入っているものもあります。

5.まとめ

一言に外壁の下塗り塗料と言っても、外壁の素材や状態によって
上塗り塗料と適合するものを使い分ける必要があります。
塗料と現状の外壁との密着性が向上すると塗装塗膜の耐久性、耐候性にも
繋がりますので使用する下塗り材にも興味を持っておきたいものです。
もちろん信頼できる職人さんの現場での目が外装リフォーム成功のカギになります。
まずは、安心して外装リフォームを任せられる会社に依頼することが必須ですね。
まずは相談という方はこちらへ 築何年が塗替え時期?塗料についてなど、お気軽にお問い合わせください。
見積もり・プランニング無料 お見積もり・ご相談
じっくり検討したい方へ 資料請求